松江数論セミナー

松江数論セミナー






セミナー予定


第4回 2019 年11 月4 日(月) 16:30-18:00 (+質疑応答)



場所: 島根大学松江キャンパス 総合理工学部3号館 6階数理第2総合演習室

講演者:

横山 俊一 氏 (首都大学東京)

題目:

Julia 言語を用いた新しい数論パッケージNemo について

概要:

Nemo とは、ドイツ・カイザースラウテルン工科大学を中心として開発が進め られている、数論パッケージの一つである。既存の数式処理システムとは異な り、動的かつ多重ディスパッチを許容する新しいプログラミング言語Julia を 採用しており、さらにFlint, Arb, Antic といった既存の高速ライブラリを最大限に活用する機構をもつ。 そのため、従来の数式処理システムの実行性能 を大幅に上回ることのできる実装がいくつか存在する。本講演ではNemo ベ ンチマークの相手としてMagma を用い、先にMagma の性能を概説した後、 Magma を上回る(現時点で世界最速の)性能を発揮できるNemo の実装例と その理由を実演を通して解説する。その上で、Magma を超えられない例もい くつか挙げ、Nemo の更なる高速化に向けての展望を(時間の許す限り)お話 ししたい。

PDF


島根大学松江キャンパスマップ  アクセス

* 過去のセミナー情報は,こちらをご覧ください.

* 松江数論セミナーでの講演を希望される方は, 下記の世話人までご連絡ください.

世話人

島根大学総合理工学部 青木 美穂  aoki(at)riko.shimane-u.ac.jp

島根大学教育学部 藤井 俊  fujiisatoshi(at)edu.shimane-u.ac.jp