研究業績

発表論文(紀要/論文集等含)  Papers (including Proceedings)

JTB(2018) 
Mayuko Iwamoto & Daishin Ueyama, "Basis of self-organized proportion regulation resulting from local contacts", J. Theor. Biol. 440 (2018) 112-120.

JSIAM(2016)
岩本真裕子,"腹足類の這行運動に見る運動メカニズムと制御”  応用数理, 日本応用数理学会, 26-2 (2016) 14-21.

TGF13-1(2015)
Kohta Suzuno, Akiyasu Tomoeda, Mayuko Iwamoto, and Daishin Ueyama, "Dynamic Structure in Pedestrian Evacuation: Image Processing Approach", Traffic and Granular Flow `13 (2015) 195-201 (Springer, Germany).

TGF13-2(2015)
Takashi Matsuoka, Akiyasu Tomoeda, 
Mayuko Iwamoto, Kohta Suzuno, and Daishin Ueyama, "Effects of an Obstacle Position for Pedestrian Evacuation: SF model Approach", Traffic and Granular Flow `13 (2015) 163-170 (Springer, Germany).

CPL(2014) 
Mayuko Iwamoto, Nobuhiko J Suematsu, and Daishin Ueyama, "Spontaneous Formation of Unidirectional Path", Chemical Physics Letters 616–617 (2014) 248–253. (DOI:10.1016/j.cplett.2014.10.010) 

JTB(2014) 
Mayuko Iwamoto, Daishin Ueyama, Ryo Kobayashi, "The advantage of mucus for adhesive locomotion in gastropods", J. Theor. Biol. 353 (2014) 133-141.

PRE(2013)
Shu-ichi Kinoshita, Mayuko Iwamoto, Keita Tateishi, Nobuhiko J. Suematsu, and Daishin Ueyama, "Mechanism of spiral formation in heterogeneous discretized excitable media", Phys. Rev. E 87, 062815 (2013).

RIMS-1(2013)
岩本真裕子, 上山大信, 小林亮, “粘液を利用した腹足類這行運動メカニズム” 2012年度RIMS研究集会 第9回「生物数学の理論とその応用」講究録 No.1853 (2013) pp.217-224, 京都大学数理解析研究所.

RIMS-2(2013)
木下修一, 立石恵大, 岩本真裕子, 末松 J. 信彦, 上山大信, “セルオートマトンモデルを用いた非一様興奮場におけるスパイラル波発生メカニズムの概説”, 2012年度RIMS研究集会 第9回「生物数学の理論とその応用」講究録 No.1853 (2013) pp.210-216, 京都大学数理解析研究所.

TGF11(2013)
Tsubasa Masui, Akiyasu Tomoeda, Mayuko Iwamoto, and Daishin Ueyama, "Arch-Shaped Equilibrium Solutions in Social Force Model.", -- in the proceedings of "Traffic and Granular Flow'11" by Springer (2013), pp.179-185. 

MSTF(2011)
増井翼, 友枝明保, 岩本真裕子, 上山大信, ”避難時に生じるアーチ状定常解解析”, 第17回交通流のシミュレーションシンポジウム論文集 pp.121-124.(2011) 


記事・著書等

(記事)岩本真裕子「ナメクジはどうやって進んでいるの?」の回答 子供の科学 誠文堂新光社 2016年12月号.

(記事)岩本真裕子「腹足類の這行運動メカニズム」数学セミナー54-2-640 (2015) 32-38.


取材協力

 朝日新聞「カタツムリはどう進むの?」土曜日beののちゃんのDo科学 2016年6月18日.

 NHK Eテレ「カガクノミカタ」2018年1月9日,13日


受賞歴 Award

島根大学若手研究者表彰

岩本真裕子, "腹足類の這行運動における摩擦制御メカニズムの解明", 平成29年9月22日表彰式.

Gold Award
Mayuko Iwamoto, Daishin Ueyama, Ryo Kobayashi, "Numerical Study on One-Dimensional Model for Adhesive Locomotion with Mucus", The 5th Taiwan-Japan Joint Workshop for Young Scholars in Applied Mathematics, National Center for Theoretical Sciences, Hsinchu, Taiwan, 2014年2月28日.

若手優秀講演賞 
岩本真裕子,上山大信, 小林亮, "数理モデルを用いた腹足類這行運動メカニズムの解明", 2013年度日本応用数理学会年会, アクロス福岡,2013年9月11日.

優秀ポスター賞 
岩本真裕子,上山大信, 小林亮, "腹足類の這行運動メカニズムにおける粘液の摩擦制御効果", 2012年度日本応用数理学会年会, 稚内全日空ホテル,2012年8月30日.

Presentation Excellence Award 
Mayuko IWAMOTO,Ryo KOBAYASHI, Daishin UEYAMA, "Crawling Locomotion: The Advantage of Mucus", The 3rd Taiwan-Japan Joint Workshop for Young Scholars in Applied Mathematics, 国立台湾大学,2012年2月28日.

最優秀ポスター賞 
Mayuko IWAMOTO,Ryo KOBAYASHI, Daishin UEYAMA, "A Mathematical Research for the Effectiveness of Mucus in Crawling Locomotion of Gastropod", 明治大学大学院先端数理科学研究科開設シンポジウム,P38,明治大学駿河台キャンパス,2011年10月4日. 


招待講演

岩本真裕子,「コウイカ類の体表パターンに関する2つのアプローチ」,RIMS共同研究(グループ型A)モデル駆動とデータ駆動の協同によるデータ数理科学に向けた基盤研究の新展開,京都大学,2019年8月19日.

岩本真裕子, “頭足類の動的パターン形成メカニズムとその機能の理解に向けて”, 第1回複雑系知能セミナー, 公立はこだて未来大学, 2019年6月21日.

岩本真裕子, “軟体動物に見られる動的パターンとその機能”, 細胞動態の原理とその数理, 松江テルサ, 2019年3月25日.

岩本真裕子, "腹足類の這行運動メカニズムについて数理からのアプローチ", バイオメカニクス研究会(日本生体医工学会専門別研究会), 鳥取大学湖山キャンパス, 2018年11月16日.

Mayuko Iwamoto, "Model for Dynamic Pattern Formation in Cuttlefish", ReaDiNet 2018 Recent Progress in Mathematical Theories for Biological Phenomena, Utop  Ubless Hotel, Jeju, Korea, 2018年11月1日. 

岩本真裕子, "軟体動物に見られる筋収縮を介したパターン形成", パターン形成の数理とその周辺, 岡山大学, 2018年5月19日.

岩本真裕子, "腹足類や頭足類に見られるパターンと数理モデル", 武蔵野大学数理工学シンポジウム2017, 武蔵野大学有明キャンパス, 2017年11月20日.

岩本真裕子, "生物に見られる比率調整制御北大MMCセミナー, 北海道大学電子科学研究所, 2017年7月3日.

Mayuko Iwamoto, "A Model for Adhesive Locomotion with Monotaxic Wave in Gastropods", PNU Math Forum 2016, Pusan National University, 2016年12月3日.

Mayuko Iwamoto & Daishin Ueyama, “A simple model for self-organized proportion regulation”, GDRI ReaDiNet Stochastic PDE’s, Large Scale Interacting Systems and Applications to Biology, University Paris-Sud and ENSTA, 2016年3月10日.

岩本真裕子, "腹足類の這行運動モデル", 日本学術会議第5回計算力学シンポジウム, 日本学術会議講堂, 2015年12月7日.

岩本真裕子, "局所的相互作用による秩序形成とその機能" 総合研究大学院大学先導科学研究科数理生物学研究室 公開セミナー , 総合研究大学院大学 葉山キャンパス,2015年9月16日.

岩本真裕子, "腹足類の這行運動と粘液の効果", 日本生態学会第62回大会 自由集会「貝類を通して生命現象に迫る 3:貝類の行動」, 鹿児島大学, 2015年3月21日.

Mayuko Iwamoto, "Mathematical model for adhesive locomotion in gastropods", Mathematical Approaches to Pattern Formation, Tohoku University, 2014年10月30日.

岩本真裕子,上山大信,小林亮,"数理モデルで理解する腹足類の這行運動", 統計数理研究所共同利用研究集会 動物行動モデリング:個体・集団・バイオメカニクス, 統計数理研究所, 2013年12月17日.


国際会議における発表

(ポスター) Mayuko Iwamoto and Daishin Ueyama, "A Common Theory for Proportion Regulation in Animals", SMB2018 (Society of Mathematical Biology), The University of Sydney, 2018年7月9日.

(ポスター) Mayuko Iwamoto and Daishin Ueyama, "Self-organized Proportion Regulation Resulting from Local Communications", International Conference on Mathematical Modeling and Applications 2015 'Self-Organization-Modeling and Analysis' : Information, Meiji University, 2015年10月28日.

(口頭) Mayuko Iwamoto and Daishin Ueyama, "Regulation resulting from a chain of reactions", Japanese-Hungarian Workshop on Applied Mathematics and Complex Systems, Budapest University of Technology and Economics, 2015年7月28日.

(ポスター) Mayuko Iwamoto, Ryo Kobayashi, Daishin Ueyama, "Bifurcation Analysis on Model for Crawling Locomotion with Mucus", The Joint Annual Meeting of The Japanese Society for Mathematical Biology and The Society for Mathematical Biology (JSMB/SMB2014), PS02, Osaka International Convention Center, 2014年7月29日.

(ポスター) Mayuko Iwamoto, Daishin Ueyama, "Bifurcation analysis for the patterns of crawling locomotion", Gordon Research Conferences "Oscillations & Dynamic Instabilities in Chemical Systems", P29, Melia Golf Vichy Catalan Business and Convention Center,Girona, Spain, 2014年7月14日,15日.

(口頭) Mayuko Iwamoto, Daishin Ueyama, Ryo Kobayashi, "Numerical Study on One-Dimensional Model for Adhesive Locomotion with Mucus", The 5th Taiwan-Japan Joint Workshop for Young Scholars in Applied Mathematics, National Center for Theoretical Sciences, Hsinchu, Taiwan, 2014年2月28日.

(口頭) Mayuko Iwamoto,Daishin Ueyama, Ryo Kobayashi "Mathematical study on adhesive locomotion in gastropods", Japanese-Hungarian Conference on Applied Mathematics and Nonlinear Dynamics, Budapest Hungary,2013年12月12日.

(ポスター) Mayuko Iwamoto, Daishin Ueyama, Ryo Kobayashi, "Mathematical model of adhesive locomotion in gastropods", International Conference on Mathematical Modeling and Applications (ICMMA 2013), P3, 明治大学, 2013年11月27日.

(口頭) Mayuko Iwamoto,Nobuhiko J. Suematasu, Daishin Ueyama, "Unidirectional Poropagation of Chemical Waves on Heterogenous Excitable Media", The 4th Taiwan-Japan Joint Workshop for Young Scholars in Applied Mathematics, 龍谷大学,2013年2月28日.

(ポスター) MAYUKO IWAMOTO, DAISHIN UEYAMA, RYO KOBAYASHI,“Crawling Locomotion; the Advantage of Mucus”, Gordon Research Conferences "Oscillations & Dynamic Instabilities in Chemical Systems", P36, Colby College,2012年7月16日, 17日

(口頭) Mayuko IWAMOTO,Ryo KOBAYASHI, Daishin UEYAMA, "Crawling Locomotion: The Advantage of Mucus", The 3rd Taiwan-Japan Joint Workshop for Young Scholars in Applied Mathematics, 国立台湾大学,2012年2月27日.

(口頭) Mayuko Iwamoto,“Experimental and mathematical research for the crawling locomotion in gastropoda”, The 2nd Japan-Taiwan Joint Workshop for Young Scholars in Applied Mathematics, 明治大学,2011年2月26日.

(ポスター) M. Iwamoto, T. Kazama, K. Ito, R. Kobayashi,“Mathematical Modeling of Asymmetric Waves in Crawling Movement of Abalone”,Far-From-Equilibrium Dynamics 2011, P32, 京都大学,2011年1月.


国内学会・研究集会における発表

(口頭)  岩本真裕子, "コウイカ類のボディパターン形成メカニズムの理解に向けて", 第2回イカ・タコ研究会, 東京大学大気海洋研究所, 2019年7月9日.

(口頭) 岩本真裕子, "動的パターンと制御について", 現象数理学研究集会2018, 宮崎大学, 2018年11月30日.

(口頭) 中井友理香, 安室春彦, 水野佳奈, 岩本真裕子,池田譲, "トラフコウイカが発するボディパターンの意味の理解に向けて", 第1回イカ・タコ研究会, 島根大学隠岐臨海実験所, 2018年10月12日.

(ポスター) Mayuko Iwamoto & Dashin Ueyama, “A model for proportion regulation in social animals”, 第38回日本比較生理生化学会年会, 玉川大学, 2016年9月2日, 3日.

(ポスター) 岩本真裕子, 末松 J. 信彦, 上山大信, "スパイラルパターンの自発的形成と一方向性伝播", 日本応用数理学会2014年度年会, 政策研究大学院大学, 2014年9月3日.

(口頭) 岩本真裕子,上山大信,小林亮,"数理モデルを用いた腹足類這行運動メカニズムの解明", 日本応用数理学会2013年度年会, アクロス福岡, 2013年9月11日.

(口頭) 岩本真裕子,上山大信,小林亮,"腹足類の這行運動モデル", 第6回広島ー明治ー龍谷合同合宿, 休暇村大久野島,2013年8月26日.

(ポスター) 岩本真裕子, 末松 J. 信彦, 木下修一, 立石恵大, 上山大信, "非一様興奮場における自発的なスパイラル波発生メカニズム", 第22回「非線形反応と協同現象」研究会, P-1, お茶の水女子大学,2012年12月8日.

(口頭) 岩本真裕子,上山大信,小林亮,"粘液を利用した腹足類這行運動メカニズム", RIMS研究集会 第9回「生物数学の理論とその応用」, 京都大学,2012年11月16日.

(口頭) 岩本真裕子,上山大信,小林亮,"腹足類の這行運動メカニズムにおける粘液の効果", 第22回日本数理生物学会大会,O-32,岡山大学,2012年9月12日.

(ポスター) Mayuko Iwamoto,Daishin Ueyama, Ryo Kobayashi, "The Advantage of Mucus for Crawling Locomotion in Gastropod", 広島大学大学院理学研究科数理分子生命理学専攻第4回公開シンポジウム「数理生命科学の新展開ー階層間で干渉しあう形・動き・機能ー」, P-11, 広島大学理学部,2012年9月6日,7日.

(ポスター) 岩本真裕子,上山大信, 小林亮, "腹足類の這行運動メカニズムにおける粘液の摩擦制御効果", 2012年度日本応用数理学会年会, 稚内全日空ホテル,2012年8月30日.

(口頭) 岩本真裕子,上山大信,小林亮,"腹足類の這行運動における粘液効果", N.L.P.M.サマーセミナー,岬の宿 高砂(三重県鳥羽市),2012年8月11日.

(ポスター) Mayuko IWAMOTO,Ryo KOBAYASHI, Daishin UEYAMA, "A Mathematical Research for the Effectiveness of Mucus in Crawling Locomotion of Gastropod", 明治大学大学院先端数理科学研究科開設シンポジウム,P38,明治大学駿河台キャンパス,2011年10月4日.

(ポスター) 岩本真裕子,小林亮,上山大信,"腹足類の這行運動における粘液効果の数理的研究", 第21回日本数理生物学会年会,P13,明治大学駿河台キャンパス,2011年9月14日.

(口頭) 岩本真裕子,"空間離散的なBZ反応における興奮波伝搬", N.L.P.M.サマーセミナー,紅葉屋(愛知県知多半島),2011年8月7日.

(口頭) 岩本真裕子,"腹足類の這行運動",MEEセミナー夏合宿,明治大学清里セミナーハウス,2011月7月26日.

(ポスター) 岩本真裕子,風間俊哉,伊藤賢太郎,小林亮,“Mathematical modeling of asymmetric waves in crawling movement of abalone”,第20回数理生物学会大会,P2,北海道大学,2010年9月.

(口頭) 岩本真裕子,風間俊哉,小林亮,“Mathematical modeling for asymmetric direct waves of crawling locomotion in abalone 非対称進行波を利用した這行生物の数理モデルの構築”, N.L.P.M.サマーセミナー,コープこうべ協同学苑,2010年8月.

(口頭) 岩本真裕子,風間俊哉,小林亮, “アワビの筋肉繊維”, CREST研究合宿,朝里温泉ホテル,2010年2月.

(口頭) 岩本真裕子,風間俊哉,小林亮,“The locomotion of gastropoda”,N.L.P.M.サマーセミナー,沖縄青年会館,2009年9月.