HOME
サイト内検索 サイトマップ English
島根大学 総合理工学部 数理科学科
研究者の方へ
受験生の方へ在学生の方へ研究者の方へ
学科紹介
スタッフ紹介
研究集会・セミナー情報
オリエンテーションキャンプ
紀要
リンク
トップ > 研究者の方へ > 研究集会・セミナー情報

研究集会・セミナー情報

紀要

国際交流

  • JSTさくらサイエンスプラン
      2014年度:
      2月8日~13日の期間、韓国・全北大学校からの教員・学生(教員1名, 大学院生2名, 学部生7名)を受入。 合同ワークショップや施設見学などを行った。
      2015年度:
      8月18日~25日の期間、韓国・釜慶大学校からの教員・学生(教員1名, 学部生10名)を受入。 合同ワークショップや施設見学などを行った。
      9月16日~25日の期間、中国・東北師範大学 数学与統計学院からの教員・学生(教員2名, 大学院生10名)を受入。 合同ワークショップや施設見学などを行った。
      2016年度:
      2月13日~20日の期間、韓国・釜慶大学校からの教員・学生(教員1名, 学部生10名)を受入。 合同ワークショップや施設見学などを行った。
      2017年度:
      8月21日~28日の期間、韓国・釜慶大学校からの教員・学生(教員1名, 学生10名)を受入。 合同ワークショップや施設見学などを行った。
      9月15日~22日、中国・東北師範大学からの教員・学生(学生10名)を受入。 合同ワークショップや施設見学などを行った。
      10月16日~23日の期間、タイ・ナレスワン大学からの教員・学生(教員1名, 学生10名)を受入。 合同ワークショップや施設見学などを行った。
      1月16日~23日、中国からの教員・学生を受入。 合同ワークショップや施設見学などを行った。
      2018年度:
      8月20日~27日の期間、韓国・釜慶大学校からの教員・学生(教員1名, 学生10名)を受入。 合同ワークショップや施設見学などを行った。
      10月14日~21日の期間、タイ・ナレスワン大学からの教員・学生(教員1名, 学生10名)を受入。 合同ワークショップや施設見学などを行った。
  • 日中韓理工系研究教育トライアングルプロジェクト
      2013年度:
      中国・東北師範大学, 韓国・釜山大学校, 韓国・全北大学校, 韓国・成均館大学校, 韓国・釜慶大学校に 教員6名、大学院生6名、学部生1名(いずれも延べ人数)を派遣した。
      2014年度:
      国際研究集会International Workshop on Mathematical Sciences in Matsueを10月11日-13日に島根大学にて開催した。中国の4大学から計17名、韓国の4大学から計17名、日本国内からは23名が参加した。詳細はこちら
      2015年度:
      中国・大連理工大学にて国際研究集会(10月30日-11月1日)が行われ、教員6名、大学院生9名、学部生2名を派遣した。詳細はこちら
      2016年度:
      韓国・釜山大学校にて国際研究集会(12月1日-12月3日)が行われ、教員、学生を派遣した。

研究集会

講演会

談話会 (2018年度)

講演者 題目 日時 場所
Vitarij Chatyrko 氏
(Linkoping University, Sweden)
On the groups of topological isomorphisms of dense subgroups of R^n 6月26日(火)
14:00-15:00
総合理工学部
大学院棟七階
数学第2セミナー室
アブストラクト: In this talk I consider the groups of topological isomorphisms of dense subgroups of R^n, n >= 1. I will also describe the groups in some cases and pose several questions. The presentation is based on a joint manuscript with D. Shakhmatov.
→ 過去の談話会

松江セミナー (2019年度)

講演者 題目 日時 場所
時田 恵一郎 氏
(名古屋大学・大学院情報学研究科・情報学部)
多様性の科学に対する統計物理学的アプローチ 9月25日(水)
13:30-14:30
総合理工学部
大学院棟一階
数学第1講義室
アブストラクト: 複雑系科学のキーワードのひとつである「多様性」について、歴史的なトピックスから始めて、最新の統計物理学的な研究成果を紹介する。特に、複雑な種間関係を保ちつつ、多様な生物が共存する熱帯雨林や珊瑚礁などの生態群集における個体数ダイナミクスを題材にして、その多様性をもたらす環境要因や種間関係のネットワーク構造の特徴などについて解説する。そこで用いられた「レプリケーター方程式系」は、社会ゲーム理論や経済システムへの適用も可能な「再生産型」の微分方程式で表されるため、ここでの理論的予測は多種多様な生物ネットワークシステム以外の,社会システムおよび経済システムなどにおいても実証される可能性があるのではないかと考えている。
→過去の松江セミナー
info_bg.gif
foot_top.
〒690-8504 松江市西川津町 1060
島根大学 総合理工学部 数理科学科
Tel (0852) 32-6100 (代表) Fax (0852) 32-6114
Copyright (c) Department of Mathematical Sciences, Shimane University, All Rights Reserved.
foot_top.