HOME
サイト内検索 サイトマップ English
島根大学 総合理工学部 数理科学科
研究者の方へ
受験生の方へ在学生の方へ研究者の方へ
学科紹介
スタッフ紹介
研究集会・セミナー情報
オリエンテーションキャンプ
紀要
リンク
トップ > 研究者の方へ > 研究集会・セミナー情報

研究集会・セミナー情報

紀要

国際交流

  • JSTさくらサイエンスプラン
      2014年度:
      2月8日~13日の期間、韓国・全北大学校からの教員・学生(教員1名, 大学院生2名, 学部生7名)を受入。 合同ワークショップや施設見学などを行った。
      2015年度:
      8月18日~25日の期間、韓国・釜慶大学校からの教員・学生(教員1名, 学部生10名)を受入。 合同ワークショップや施設見学などを行った。
      9月16日~25日の期間、中国・東北師範大学 数学与統計学院からの教員・学生(教員2名, 大学院生10名)を受入。 合同ワークショップや施設見学などを行った。
      2016年度:
      2月13日~20日の期間、韓国・釜慶大学校からの教員・学生(教員1名, 学部生10名)を受入。 合同ワークショップや施設見学などを行った。
      2017年度:
      8月21日~28日の期間、韓国・釜慶大学校からの教員・学生(教員1名, 学生10名)を受入。 合同ワークショップや施設見学などを行った。
      9月15日~22日、中国・東北師範大学からの教員・学生(学生10名)を受入。 合同ワークショップや施設見学などを行った。
      10月16日~23日の期間、タイ・ナレスワン大学からの教員・学生(教員1名, 学生10名)を受入。 合同ワークショップや施設見学などを行った。
      1月16日~23日、中国からの教員・学生を受入。 合同ワークショップや施設見学などを行った。
      2018年度:
      8月20日~27日の期間、韓国・釜慶大学校からの教員・学生(教員1名, 学生10名)を受入。 合同ワークショップや施設見学などを行った。
      10月14日~21日の期間、タイ・ナレスワン大学からの教員・学生(教員1名, 学生10名)を受入。 合同ワークショップや施設見学などを行った。
  • 日中韓理工系研究教育トライアングルプロジェクト
      2013年度:
      中国・東北師範大学, 韓国・釜山大学校, 韓国・全北大学校, 韓国・成均館大学校, 韓国・釜慶大学校に 教員6名、大学院生6名、学部生1名(いずれも延べ人数)を派遣した。
      2014年度:
      国際研究集会International Workshop on Mathematical Sciences in Matsueを10月11日-13日に島根大学にて開催した。中国の4大学から計17名、韓国の4大学から計17名、日本国内からは23名が参加した。詳細はこちら
      2015年度:
      中国・大連理工大学にて国際研究集会(10月30日-11月1日)が行われ、教員6名、大学院生9名、学部生2名を派遣した。詳細はこちら
      2016年度:
      韓国・釜山大学校にて国際研究集会(12月1日-12月3日)が行われ、教員、学生を派遣した。

研究集会

講演会

談話会 (2018年度)

講演者 題目 日時 場所
Vitarij Chatyrko 氏
(Linkoping University, Sweden)
On the groups of topological isomorphisms of dense subgroups of R^n 6月26日(火)
14:00-15:00
総合理工学部
大学院棟七階
数学第2セミナー室
アブストラクト: In this talk I consider the groups of topological isomorphisms of dense subgroups of R^n, n >= 1. I will also describe the groups in some cases and pose several questions. The presentation is based on a joint manuscript with D. Shakhmatov.
→ 過去の談話会

松江セミナー (2018年度)

講演者 題目 日時 場所
谷口 哲至 氏
(広島工業大学)
スペクトラルグラフ理論研究における数学ソフトウェアの活用 3月1日(金)
15:15-16:15
総合理工学部
三号館六階
数理第2総合演習室
アブストラクト: スペクトラルグラフ理論や代数的グラフ理論ではグラフの固有値をみることでその構造を調べたり、あるいはその逆、特定の固有値を持つグラフの分類・決定・特徴付けを行う。近年、数学ソフトウェアの発展により、計算機実験や具体例の検索を行うことが容易になった。
これまで、多くはmagmaを用いて研究してきた。また、表現力を上げるためMathematicaを用いてグラフを描いたり、(magmaでは充分に実装されていない)無向グラフを扱う際にはSagemathを使うなど、使い分けを行なってきた。本発表では、それぞれのソフトウェア(特にmagma, Sagemath)をどういった場面で使い分けてきたかを紹介したい。
瀬戸 道生 氏
(防衛大学校)
有限ブラシュケ積のシューアパラメータについて 3月1日(金)
16:30-17:30
総合理工学部
三号館六階
数理第2総合演習室
アブストラクト: 複素平面内の単位開円板上で $|f(z)| ¥leq 1$ を満たす正則関数の全体を $S$で表します。 $S$ の関数は連分数展開することができ、その手順をシューアアルゴリズム、その際に現れるパラメータをシューアパラメータと呼びます。今年度の卒業研究の課題として、内田君(防衛大学校)に有限ブラシュケ積のシューアパラメータをMathematica で計算させたら、あることに気づきました。今回はその発見(?)を報告します。学部レベルの複素関数論(シュワルツの補題と一次分数変換)を知っていれば理解できる話です。
→過去の松江セミナー
info_bg.gif
foot_top.
〒690-8504 松江市西川津町 1060
島根大学 総合理工学部 数理科学科
Tel (0852) 32-6100 (代表) Fax (0852) 32-6114
本ホームページに関するご意見は mathweb(at)math.shimane-u.ac.jp までお願いします。
Copyright (c) Department of Mathematical Sciences, Shimane University, All Rights Reserved.
foot_top.