HOME
サイト内検索 サイトマップ English
島根大学総合理工学部数理・情報システム学科 数理分野 Department of Mathematics Shimane University
研究者の方へ
受験生の方へ在学生の方へ研究者の方へ
数理分野紹介
スタッフ紹介
研究集会・セミナー情報
オリエンテーションキャンプ
紀要
リンク
トップ > 研究者の方へ > 研究集会・セミナー情報

研究集会・セミナー情報

紀要

国際交流

  • JSTさくらサイエンスプラン
      2014年度:
      2月8日~13日の期間、韓国・全北大学校からの教員・学生(教員1名, 大学院生2名, 学部生7名)を受入。 合同ワークショップや施設見学などを行った。
      2015年度:
      8月18日~25日の期間、韓国・釜慶大学校からの教員・学生(教員1名, 学部生10名)を受入。 合同ワークショップや施設見学などを行った。
      9月16日~25日の期間、中国・東北師範大学 数学与統計学院からの教員・学生(教員2名, 大学院生10名)を受入。 合同ワークショップや施設見学などを行った。
      2016年度:
      2月13日~20日の期間、韓国・釜慶大学校からの教員・学生(教員1名, 学部生10名)を受入。 合同ワークショップや施設見学などを行った。
      2017年度:
      8月21日~28日の期間、韓国・釜慶大学校からの教員・学生を受入。 合同ワークショップや施設見学などを行った。
      9月中旬、中国・東北師範大学からの教員・学生を受入。 合同ワークショップや施設見学などを行う予定。
      10月中旬、タイ・ナレスワン大学からの教員・学生を受入。 合同ワークショップや施設見学などを行う予定。
  • 日中韓理工系研究教育トライアングルプロジェクト
      2013年度:
      中国・東北師範大学, 韓国・釜山大学校, 韓国・全北大学校, 韓国・成均館大学校, 韓国・釜慶大学校に 教員6名、大学院生6名、学部生1名(いずれも延べ人数)を派遣した。
      2014年度:
      国際研究集会International Workshop on Mathematical Sciences in Matsueを10月11日-13日に島根大学にて開催した。中国の4大学から計17名、韓国の4大学から計17名、日本国内からは23名が参加した。詳細はこちら
      2015年度:
      中国・大連理工大学にて国際研究集会(10月30日-11月1日)が行われ、教員6名、大学院生9名、学部生2名を派遣した。詳細はこちら
      2016年度:
      韓国・釜山大学校にて国際研究集会(12月1日-12月3日)が行われ、教員、学生を派遣した。

研究集会

講演会

談話会 (2016年度)

講演者 題目 日時 場所
廣島 文生 氏
(九州大学大学院数理学研究院数学部門)
量子ラビ模型のスペクトル 1月20日(金)
14:30-16:00
総合理工学部
三号館六階
数理第1総合演習室
アブストラクト: 2013年のノーベル物理学賞は量子ラビ模型の実験家であるS.Haroche等に授与された。今回はこの量子ラビ模型のスペクトルについて紹介する。簡単に言えば、量子ラビ模型は2レベル原子と一つの光子の相互作用模型だが、物理的な背景はなるだけ避けて、数学的側面に注目して、その作用素のスペクトル解析や量子ラビ模型から決まるスペクトルゼータ関数について紹介する。
(キーワード:Bargmann表現、調和振動子、確定特異点を持った複素微分方程式、フルビッツ型ゼータ関数、パウリ行列、正準交換関係)
→ 過去の談話会

松江セミナー (2017年度)

講演者 題目 日時 場所
瀬戸 道生 氏
(防衛大学校)
Theory of quasi-orthogonal integrals and its applications to graph theory 12月22日(金)
14:00-15:00
未定
アブストラクト: 2年前の松江セミナーで披露した構想の顛末をお話しします。 グラフの包含 $G_0 ¥subset G_1$ を一様に膨らませ、グラフの時間発展 $G_0 ¥subset G_t ¥subset G_1$ $(0 \leq t \leq 1)$ を考えます。 ここに de Branges-Rovnyak, Vasyunin-Nikolskii によるquasi-orthogonal integral の理論を導入すると、グラフラプラシアンに関する不等式を複数得ることができます。 この方法は、不等式を量産する反面、かなり込み入ったものなのですが、喜ばしいことに(残念なことに?)簡単な証明も見つけました。従って、少々牛刀割鶏の感のある話になりますが、「de Branges が Bieberbach 予想証明の際に使った(そして現行の証明では失われている)方法をグラフ理論に適用した」という意味では多少の価値があるのではないかと思います。 
山内 貴光 氏
(愛媛大学大学院理工学研究科)
Asymptotic dimension and graphs with large girth 12月22日(金)
15:15-16:15
未定
アブストラクト: Gromov (1993) は, 擬等長で不変な被覆次元の類似概念として, 漸近次元 (asymptotic dimension) を導入しました. 漸近次元と被覆次元に関する未解決問題として, Dranishnikovの問題「固有距離空間の漸近次元と, そのHigsonコロナの被覆次元は一致するか」があります. 本発表では, 漸近次元に関する遺伝的無限次元性という観点から, 内周の増大するグラフの列を適切に並べた距離空間が, Dranishnikovの問題の反例の候補になり得ることを説明します.
上別府 陽 氏
(島根大学)
TBA 12月22日(金)
16:30-17:30
未定
アブストラクト:
→過去の松江セミナー
info_bg.gif
foot_top.
島根大学 総合理工学部 数理・情報システム学科 数理分野
〒690-8504 松江市西川津町 1060
島根大学 総合理工学部 数理・情報システム学科 数理分野
Tel (0852) 32-6100 (代表) Fax (0852) 32-6114
本ホームページに関するご意見は mathweb(at)math.shimane-u.ac.jp までお願いします。
Copyright (c) Department of Mathematics,Shimane University, All Rights Reserved.
foot_top.