HOME
サイト内検索 サイトマップ English
島根大学 総合理工学部 数理科学科
研究者の方へ
受験生の方へ在学生の方へ研究者の方へ
学科紹介
スタッフ紹介
研究集会・セミナー情報
オリエンテーションキャンプ
紀要
リンク
トップ > 研究者の方へ > 研究集会・セミナー情報

研究集会・セミナー情報

紀要

国際交流

  • JSTさくらサイエンスプラン
      2014年度:
      2月8日~13日の期間、韓国・全北大学校からの教員・学生(教員1名, 大学院生2名, 学部生7名)を受入。 合同ワークショップや施設見学などを行った。
      2015年度:
      8月18日~25日の期間、韓国・釜慶大学校からの教員・学生(教員1名, 学部生10名)を受入。 合同ワークショップや施設見学などを行った。
      9月16日~25日の期間、中国・東北師範大学 数学与統計学院からの教員・学生(教員2名, 大学院生10名)を受入。 合同ワークショップや施設見学などを行った。
      2016年度:
      2月13日~20日の期間、韓国・釜慶大学校からの教員・学生(教員1名, 学部生10名)を受入。 合同ワークショップや施設見学などを行った。
      2017年度:
      8月21日~28日の期間、韓国・釜慶大学校からの教員・学生(教員1名, 学生10名)を受入。 合同ワークショップや施設見学などを行った。
      9月15日~22日、中国・東北師範大学からの教員・学生(学生10名)を受入。 合同ワークショップや施設見学などを行った。
      10月16日~23日の期間、タイ・ナレスワン大学からの教員・学生(教員1名, 学生10名)を受入。 合同ワークショップや施設見学などを行った。
      1月16日~23日、中国からの教員・学生を受入。 合同ワークショップや施設見学などを行った。
  • 日中韓理工系研究教育トライアングルプロジェクト
      2013年度:
      中国・東北師範大学, 韓国・釜山大学校, 韓国・全北大学校, 韓国・成均館大学校, 韓国・釜慶大学校に 教員6名、大学院生6名、学部生1名(いずれも延べ人数)を派遣した。
      2014年度:
      国際研究集会International Workshop on Mathematical Sciences in Matsueを10月11日-13日に島根大学にて開催した。中国の4大学から計17名、韓国の4大学から計17名、日本国内からは23名が参加した。詳細はこちら
      2015年度:
      中国・大連理工大学にて国際研究集会(10月30日-11月1日)が行われ、教員6名、大学院生9名、学部生2名を派遣した。詳細はこちら
      2016年度:
      韓国・釜山大学校にて国際研究集会(12月1日-12月3日)が行われ、教員、学生を派遣した。

研究集会

講演会

談話会 (2018年度)

講演者 題目 日時 場所
Vitarij Chatyrko 氏
(Linkoping University, Sweden)
On the groups of topological isomorphisms of dense subgroups of R^n 6月26日(火)
14:00-15:00
総合理工学部
大学院棟七階
数学第2セミナー室
アブストラクト: In this talk I consider the groups of topological isomorphisms of dense subgroups of R^n, n >= 1. I will also describe the groups in some cases and pose several questions. The presentation is based on a joint manuscript with D. Shakhmatov.
→ 過去の談話会

松江セミナー (2018年度)

講演者 題目 日時 場所
大森 亮介 氏
(北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター)
感染症流行中のTajima's Dの時間発展 6月12日(火)
14:30-16:00
総合理工学部
三号館六階
数理第1総合演習室
アブストラクト: Tajima's Dとは、選択圧の強さを測る遺伝的多様性から計算される指標の一つである。同時に、Tajima's Dは集団サイズの時系列変化にも影響されることが知られ、選択圧に関する解釈に対するバイアスになりうることが知られている。我々はその性質を用い、選択圧が中立である時にはTajima's Dを用いて集団サイズの時系列変化を推定する方法を考案し、適用した。この方法は、集団サイズの時系列変化の情報が無くとも遺伝子データのみから集団サイズの時系列変化が推定でき、非常に有用である。しかしながら、Tajima's Dと集団サイズの時系列変化の関係性の詳細は不明のままであった。我々は、特に感染症の流行過程において、Tajima's Dと集団サイズの時系列変化の関係性を明らかにするために、最も一般的な感染症流行モデルであるSIRモデルを拡張し感染症流行中のTajima's Dをモデル化した。その上で、決定論SIRモデル上でのTajima's Dの時系列変化を解析的に解くことにより、これまで一般的に議論されていたTajima's Dと集団サイズの時系列変化の関係性は常に正しいとは言えないことを証明した。また、SIRモデル上でのTajima's Dと集団サイズの時系列変化の関係性の、確率過程と決定論の違いについても議論する。
藤本 皓大 氏
(大阪府立大学 理学系研究科)
平均曲率作用素を持つ Emden-Fowler 型の常微分方程式の解の振動性と漸近挙動 7月11日(水)
16:15-17:45
TBA
アブストラクト: 本講演では, 平均曲率作用素を持つ Emden-Fowler 型の常微分方程式について考える. まず, この方程式の全ての非自明解が振動するための必要十分条件を求めるとともに, 古典的な Emden-Fowler 型の常微分方程式との関連性について述べる. 次に, 非有界な正値解の漸近挙動についての分類を与える. 特に, 解の微分が無限遠方で発散するような解の存在について議論する. なお, 本講演は Masaryk University の Zuzana Došlá 氏との共同研究に基づく.
→過去の松江セミナー
info_bg.gif
foot_top.
〒690-8504 松江市西川津町 1060
島根大学 総合理工学部 数理科学科
Tel (0852) 32-6100 (代表) Fax (0852) 32-6114
本ホームページに関するご意見は mathweb(at)math.shimane-u.ac.jp までお願いします。
Copyright (c) Department of Mathematical Sciences, Shimane University, All Rights Reserved.
foot_top.