HOME
サイト内検索 サイトマップ English
島根大学総合理工学部数理・情報システム学科 数理分野 Department of Mathematics Shimane University
受験生の方へ
受験生の方へ在学生の方へ研究者の方へ
数理分野紹介
スタッフ紹介
研究集会・セミナー情報
オリエンテーションキャンプ
紀要
リンク
トップ > 受験生の方へ > 学生の声

在学生の声(2017年度)

水野 佳奈(博士前期課程1年生)

高校までの数学と違い、大学数学は数学の理論をより厳密に学んでいきます。最初の頃はこのギャップに悩まされることも多かったですが、友人と協力して問題に取り組んだり、先生や先輩方から助言をいただいたりすることで大学数学の理解を深めていくことができます。また、数学を現実世界の話に結びつけることは難しいと考えるかもしれませんが、数学を使うことによって他分野の未解決問題の解決に取り組むことができます。数学には多くの可能性が秘められています。みなさんも、一緒に数学の可能性を追求してみませんか?

大島 慶之(学部4年生)

デデキントの無理数構成法というものがあります。これは、有理数全体を切断したときに一つの切断の仕方を一つの実数とみなす、というものです。これを最初に知ったときは感覚的に受け入れられませんでしたが、時間が経つにつれてその考え方の斬新さを感じるようになりました。これ一つを挙げてもそうですが、数学は一つの概念を理解するのでさえ多くの時間を要します。しかし、未解決問題を解く過程で生み出されてきた物事の見方は独特で、とても興味深いです。そして、そういった豊かな数学を学ぶことで、より根源的な、知ることの面白さすらも再認識できるのではないでしょうか。

佐藤 里菜(学部3年生)

大学数学は高校までとは違い、とても難しく複雑です。そのため、1つの問題に長時間向き合うことも多々あります。数理科学科と聞くと、1人で黙々と数式に向き合うだけのように感じる方もいるかもしれませんが、友人と議論したり、先生方や先輩方に質問ができる機会がたくさんあります。仲間と協力しながら問題が解けたとき、大きな達成感を感じることができます。また学年が上がるにつれて、それまでに学んだことが繋がっていき、さらに奥深さや面白みが増していきます。ぜひ私たちと一緒に数学を学んでみませんか?

末次 祐人(学部2年生)

私たちは、高校では極限というものは"限りなく大きくする"や"限りなく小さくする"といったような表現で学んだと思います。しかし、"限りなく"とはあいまいな言葉です。例えば1/xのxを限りなく大きくすると、その値は限りなく0に近づくと習い、イメージ的には想像することができますが、実際に成り立つのかどうか確かめることができません。このように表現していたものを大学ではより数学的・論理的に学びます。このため大学数学は複雑なものとなりますが、新しい視点や考え方を身につけることにより数学の魅力を感じることができると思います。皆さんもこの数学の魅力を見つけてみませんか!?

info_bg.gif
foot_top.
島根大学 総合理工学部 数理・情報システム学科 数理分野
〒690-8504 松江市西川津町 1060
島根大学 総合理工学部 数理・情報システム学科 数理分野
Tel (0852) 32-6100 (代表) Fax (0852) 32-6114
本ホームページに関するご意見は mathweb(at)math.shimane-u.ac.jp までお願いします。
Copyright (c) Department of Mathematics,Shimane University, All Rights Reserved.
foot_top.