HOME
サイト内検索 サイトマップ English
島根大学 総合理工学部 数理科学科
受験生の方へ
受験生の方へ在学生の方へ研究者の方へ
学科紹介
スタッフ紹介
研究集会・セミナー情報
オリエンテーションキャンプ
紀要
リンク
トップ > 受験生の方へ > 学科紹介

学科紹介

数理科学科の特徴

数理科学科は、数理基幹と数理展開の2コースから構成されます。
1年次には数学の基礎を、2年時以降に
● 代数学 ● 幾何学 ● 位相数学 ● 解析学
● 複素解析学 ● 統計科学 ● 現象数理学
等の数理系の専門科目を学びます。
抽象数学及び諸現象の数理的解析のための現代数学の学習を通じて、
● 論理的な思考力や柔軟な発想力
● 問題の発見・解決力
● データ分析・活用力
● 豊かな表現力
を持ち合わせた、教育を含む諸分野で指導的役割を果たせる人材を育成します。

→ カリキュラム  → 数理分野スタッフ  → 取得できる資格・卒業生の進路

大学院コース紹介

自然科学研究科 博士前期課程 理工学専攻 数理科学コース
大学卒業後には、大学院博士前期課程に進学することができます。数理科学コースでは、次のような内容について学びます。
  • 数理基幹 (常微分方程式論及び関数微分方程式論,複素解析学,環論,整数論,微分幾何学,位相数学,幾何学的位相数学,微分位相幾何学,複素幾何学)
  • 数理展開 (数理統計学,最適化理論,偏微分方程式論,エルゴード理論,現象数理学,数理生物学)
一貫したコースの中で、基礎的な数学から最先端の数学までを研究することができます。大学院修了後には数学教員(中学校、高等学校の専修免許取得可)、公務員、IT関連企業等への道が開かれています。
→ 博士前期課程スタッフ

また大学院博士前期課程では、希望する学生に対し、東北師範大学(中国)の修士の学位を同時に取得できるダブル・ディグリープログラムを展開しています。 詳細は下記学部ホームページを御確認ください。
→ ダブル・ディグリープログラム
博士後期課程 総合理工学専攻 数理・物質創成科学コース
大学院博士前期課程を修了した後、後期課程に進学することができます。代数学、凸解析・非線形解析学、定性的微分方程式論、セミパラメトリックモデリング論、タイヒミュラー空間論、偏微分方程式、ホモロジー代数学、生物数学、連続体理論とトポロジー、複素幾何学、エルゴード理論と力学系の解析、遅延方程式、調和写像等についてよりいっそう深く研究する事が可能です。
→ 大学院博士後期課程のページ 
info_bg.gif
foot_top.
〒690-8504 松江市西川津町 1060
島根大学 総合理工学部 数理科学科
Tel (0852) 32-6100 (代表) Fax (0852) 32-6114
本ホームページに関するご意見は mathweb(at)math.shimane-u.ac.jp までお願いします。
Copyright (c) Department of Mathematical Sciences, Shimane University, All Rights Reserved.
foot_top.